ランドマークとしての美学を追究し、素材を吟味。

駅前のランドマークに相応しい品格を醸し出すために、新たな街並みを牽引しながらも、邸宅としての上質さと落ち着きを併せ持つ意匠設計。あたたかみが感じられるアースカラーのタイルを基調に、空に伸びるラインとガラスによる水平ライン。繊細なディテールが、ランドマークに相応しい優美さを表現しています。

マテリアル
街の未来を描く誇りあるシンボルへ。

凛として佇む。寛ぎの空間へ、街の華やぎをそのままに。

エントランス
Architect design

駅前に新たな美しさを生み出し、

風景を際立たせる顔となる。

周辺の街並みのなか、ひときわ高く存在感を示す地上20階建の建物。空に向かってスクエアに伸びるそのフォルムは、進化を続けるこの街の未来を象徴しています。その美しさは、やがてこの街の美しさを際立たせることでしょう。

混み合う時間帯でも待ち時間の短縮に。

エレベーターを2基設置。

[ SOUTHWEST SIDE ]

[ NORTHWEST SIDE ]


エントランス
※掲載のパースは図面を基に描き起こしたイメージイラストです。実際とは多少異なります。